RECOMMEND
年金一人暮らし高齢者に終の棲家はあるのか (社会運動 No.431)
年金一人暮らし高齢者に終の棲家はあるのか (社会運動 No.431) (JUGEMレビュー »)
小川 泰子,荘司 輝昭,井上 肇,後藤 道夫,白井 和宏,たくき よしみつ,斎藤 真理子,室田 元美,市民セクター政策機構
RECOMMEND
市民の力で東北復興
市民の力で東北復興 (JUGEMレビュー »)
ボランティア山形,綾部 誠,井上 肇,新関 寧,丸山弘志
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

NPO結いのき コラム

NPO結いのき コラム
<< キャベツ炒め | main | さつもいもの応用は? >>
私たちのボランティアの役割はこれだったのではないかと思う。
0


    結いのきコラム 2020年1月21日火曜日


    阪神淡路大震災25年に想う4(最終回)


    ボラティア山形

    あれから25年・・・四半世紀になる阪神淡路大震災
    既に風化しているか? 阪神淡路大震災の教訓


    多くの被災者のみなさんの引っ越し作業、障がい者のみなさんの入浴のお手伝いなど幅広いニーズに応えるべき、汗をかき一生懸命に働いてくれた。
     これが機会となって東灘区身心重度者(児)父母の会や都市生活生協の皆さんらと心を寄せ合い、助け合う関係となっていった。
    また、長崎のみそ半松永さんとの出会いもここにあった。
     この方たちが、3.11東日本大震災時に、その夜から東北の為、生活クラブやまがたの組合員のために人・物・金をもたらしてくれた。
    私たちも予想もしない災害に襲われ、それを既に克服しようとしていた神戸や長崎の皆さんが私たちを応援に来てくれたのだった。
     あの日から24年。
    世間では既に何もなかったように人の心には既に風化さえしている。
     あの被災した神戸の光景がいまも目に浮かぶ。
    私たちはあの時の神戸の被災を語り続けていかないればならないと、あらためて思う。


    阪神淡路大震災25年に想う4(最終回)

    ボランティア山形 代表理事 井上肇

    25年前の当時は多くの人たちは「ボランティア」という言葉には、「無料奉仕」という程度の解釈しかなく、「志願兵」という社会活動であることを知る者は少なかった。

    だから活動への参加も「そんなことまでしなくても」といった批判に近いこともだいぶ言われた時代でもあった。

    いまでもすべてが理解されているとは限らない。

    何らかの報酬を求めている人もいるのも、会社や団体の利益になることを期待している人もいる。

    当時もそういう壁を乗り越えてきた人もいるだろう。

    でも多くの人は「居ても立っても居られない」心境で、身体が動いていたという人たちだった。

    いわゆる変人だと言われた。

    しかし、協同組合陣営……特に生活協同組合は被災地に物資やカンパをすぐに届けた。

    そこには「コープこうべ」という日本最大級の供給と組織率と歴史をもつ生協があったから……が、本音ではないだろうか。

    当時の米沢生協がわざわざ「ボラティア山形」を立ち上げた理由には次のような理由からだった。

    生協陣営同士の助け合いは大事だが、被災地兵庫県はコープこうべだから私たちが関わらなくても、全国の日本生協連の仲間たちがいる。

    それより一般市民への手を差し伸べる人手がいる。

    わが生協は当時は理事会も組合員も高齢化していた。

    職員数もイケイケドンドンの時代で拡大に追いつかないほど不足していた。

    この状態では組織外への呼び掛けをしよう。

    心ある市民の出番だという結論に達し、呼び掛けをした。

    ボランティアに参加した者の多くは「使い切りカメラ」を持参していた。

    しかし、現地に行きその光景の中に入った途端、誰もが撮影をすることを遠慮した。

    いや正確にいえばそんな気すら起こらなかっただろう。

    ボランティアの仲間たちは夕食を前に必ずミーティングをした。

    各人の一日の出来事と学んだことをミーティングの中で、お互いの明日のボランティアに活かすことにしていた。

    ミーティングの中で皆が共通したことを言っていたのが「あんな遠くの山形から来てくれてありがとう」だった。

    そして菓子パンを差し出して(これも共通していた。

    配給が毎回菓子パンで3日目から飽きたという。

    各家庭で山ほど余っていた)昼食やおやつにいただいた。

    そしてあの地震のあった時から今日までの心境を私たちボランティアに話すのだった。

    その話はいのちが永らえたことが本当によかったのだろうか。

    壊れた家屋の中のあちこちから助けての声が聞こえたが、素手で屋根や柱をあげて助けようにも助けられず、火災の中で生きて死んでいった者への悔い。

    堰を切ったように語る被災者の皆さん。今日まで我慢してきた心の中にできた塊を吐き出すように言うのだった。

    私たちのボランティアの役割はこれだったのではないかと思う。

    作業の汗で信頼を結び、そのあとの心の中の塊を溶かすきっかけを作ることだったのかもしれない。

    あの日あの時出会った被災地と被災者の人たちはいまどうしているだろうか。

    元気にしているだろうか。



    2020年1月18日(土)記



    このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。

    にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

    にほんブログ村 高齢者福祉・介護

    書籍「市民の力東北復興」 ボラティア山形著

     東日本大震災支援活動の記録

    https://www.amazon.co.jp/%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%A7%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%BE%A9%E8%88%88-%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%B1%B1%E5%BD%A2/dp/477520078X/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%A7%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%BE%A9%E8%88%88&qid=1579315187&sr=8-1



    お問い合わせは次にどうぞ。

    tel.0238-27-1228

    fax.0238-26-8385


    info@yuinoki.or.jp





    NPO 結いのきのホームページ

    http://yuinoki.or.jp/



     



    JUGEMテーマ:福祉と生活


    JUGEMテーマ:





    「結いのきトピックス」

    http://topics.yuinoki.or.jp/



    「結いのきコラム」

    http://column.yuinoki.or.jp/



    「結いのき会員情報」

    http://member.yuinoki.or.jp/



    「生活クラブやまがた」

    http://yamagata.seikatsuclub.coop/





    お問い合わせは次にどうぞ。

    電話0238-37-0960

    fax 0238-37-0961


    info@yuinoki.or.jp





    デイサービスセンター結いのきホームページ

    http://yuinoki.or.jp/04day_01.html



    グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ

    http://yuinoki.or.jp/05group_01.html



    たくろう所のホームページ

    http://yuinoki.or.jp/07takurou.html



    グループホーム 結いのきのホームページ

    http://yuinoki.or.jp/06group_hom

     

    | 阪神大震災 | 18:21 | - | - | - | - |