RECOMMEND
RECOMMEND
市民の力で東北復興
市民の力で東北復興 (JUGEMレビュー »)
ボランティア山形,綾部 誠,井上 肇,新関 寧,丸山弘志
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

NPO結いのき コラム

NPO結いのき コラム
3.11風化させるな! 沖縄からの叫びと歌
0
    結いのきコラム 2014年05年12日(火)

    3.11東日本大震災復興祈念事業(米沢会場)
    「まーちゃんバンドコンサート」


    ボランティア山形・生活クラブやまがた・NPO結いのき・結いのきグループを支える会
    そして支援センターおいで


     〜琉球からの平和な風よ この海を越えて世界へ届け〜



    2014年3月11日(火)

    お祭りをとおして、人と人、人と自然をつなげ、大切なメッセージを伝える三線アーティストまーちゃんうーぽーさんとバンドメンバー、りほじさん・あおいさん・にしけんさんの4名によるまーちゃんバンドのコンサートが開催されました。



    西表島が生んだ魂の声、癒しの唄たち!被災者や避難者の方々はじめ、地元の方々もまーちゃんの唄に引き込まれ、心に響き共感できる時間を過ごすことが出来ました。

    子供から大人まで唄って踊れる「パパイヤ」の曲にあわせ、会場の皆さんも楽しそうに踊っていました。



    「夢咲きほこれ」で紅白出場!!とまーちゃんもコンサートで話していました。

    「夢咲きほこれ」の歌詞に、〜あなたの夢をかなえてみせろ!〜という一節があります。
    きっと、きっと夢がかなうでしょう。私たちも応援しています。

    このようなコンサート活動で得た資金で福島の子供たちの命を守る「西表島わくわく疎開ツアー」や砂漠と人の心に木を植える「内モンゴル植林ツアー」などを開催しています。

    コンサート後ほとんどの方たちが目に涙を浮かべ開場を去る姿をみて開催して良かった!と改めて思いました。
    「風人」(かじぴとぅ)=自然と共に生きる人、思いやりを持って生きる人のことを言うそうです。もう一度!絆で始まったこの震災を今は利害が渦巻いています。

    このコンサートをきっかけにもう一度、思いやりのある絆を取り戻せれば・・・。
    とても、充実したコンサートとなりました。



    文・上野寛 写真・山口充夫


    このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



    にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

    「生活クラブやまがた」
    http://yamagata.seikatsuclub.coop/

    「結いのきトピックス」
    http://topics.yuinoki.or.jp/

    「結いのきコラム」
    http://column.yuinoki.or.jp/

    「結いのき会員情報」
    http://member.yuinoki.or.jp/

    「まるがけ日記」
    http://ameblo.jp/marugake



    お問い合わせは次にどうぞ。
    電話0238-37-0960
    fax 0238-37-0961

    info@yuinoki.or.jp


    デイサービスセンター結いのきホームページl
    http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

    グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
    http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

    たくろう所のホームページ
    http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

    グループホーム 結いのきのホームページ
    http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

    NPO 結いのきのホームページ
    http://yuinoki.or.jp/
    JUGEMテーマ:福祉と生活
    JUGEMテーマ:地域/ローカル
        
    JUGEMテーマ:芸能


    | 東日本大震災 | 14:08 | - | trackbacks(0) | - | - |
    復興祈念事業に参加して
    0
      結いのきコラム 2014年04月06日(日)

      愛知からのボランティア



       私は2年ぶりに「東日本大震災復興祈念事業」に参加した。
      時折雪が降りしきる中、平日にもかかわらず大勢の人が参列していた。

       3回目となる今回のテーマは、「元気、希望、風化させるな!」であった。
      普段温厚で人情味溢れる井上さんから、このテーマに込める熱い想いが伝わってきた。

       恒例となった大抽選会を成功させるために、昼夜問わず奔走していた丸山さんからも、これまでずっと避難者に寄り添ってきた想いを感じ取る事が出来た。

       また、事務局長の新関さんと今回初めてきちんとお話をさせていただき、若輩者の私に貴重なお話をたくさんしていただいた。

       このようなお三方の人柄、そして想いが、私を含め様々な人を惹きつけ、この祈念事業を形にしているのだと思った。

       私の中で「風化させない、忘れない」と決意を新たにした復興祈念事業であった。

      愛知県安城市・村瀬雅俊(写真:左1番目が村瀬さんです)


      このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。

      にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

       村瀬さんは大雪の時に、グループホーム結いのきの雪片づけにはせ参じてくださったのがきっかけで、私たちとのお付き合いが始まりました。
       ご自身は東日本大震災の被災地各地を回ってボランティア活動を続けてこられています。
       今回は連休を利用して安城市から自家用車で駆けつけてくださいました。
      ほぼ徹夜で復興祈念事業の準備にお励みいただきました。
      とても素晴らしい青年です。
      (H.I)




      「生活クラブやまがた」
      http://yamagata.seikatsuclub.coop/

      「結いのきトピックス」
      http://topics.yuinoki.or.jp/

      「結いのきコラム」
      http://column.yuinoki.or.jp/

      「結いのき会員情報」
      http://member.yuinoki.or.jp/

      「まるがけ日記」
      http://ameblo.jp/marugake



      お問い合わせは次にどうぞ。
      電話0238-37-0960
      fax 0238-37-0961

      info@yuinoki.or.jp


      デイサービスセンター結いのきホームページl
      http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

      グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
      http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

      たくろう所のホームページ
      http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

      グループホーム 結いのきのホームページ
      http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

      NPO 結いのきのホームページ
      http://yuinoki.or.jp/
      JUGEMテーマ:福祉と生活
      JUGEMテーマ:地域/ローカル
          



      JUGEMテーマ:社会貢献


      | 東日本大震災 | 14:03 | - | trackbacks(0) | - | - |
      10円バザーのスタッフの皆様へ
      0
        結いのきコラム 2014年3月21日(金)

        10円バザー ありがとうございました☆

        結いのきグループを支える会+生活クラブやまがた+ボランティア山形


        10円バザーのスタッフの皆様へ

        今回もバザーを利用させてもらいました。
        福島から一家で避難し、米沢で生活しているものです。
        毎回のあたたかい支援に心から感謝致します。ありがとうございました。

        今回は米沢中央高校の生徒さんもボランティアにかけつけていただいていたようで、元気の良い挨拶に始まり、荷物の持ち運びまでお手伝いして頂きほんとに気持ちの良い思いをしました。
        生徒さんらが自ら行動してる姿にも感動しました。
        ほんとに素直で良い生徒さんばかりですね。
        休日のところありがとうございました。よろしくお伝えください。

        他スタッフの皆様、地元のあたたかい振る舞いにも感謝です。
        しらたか団子がとても美味しかったです!

        マナー違反があることや買い占めなど同じ福島人として残念なことです。
        (主人の提案ですが)避難者である証明書のようなものを発行するなどしてほんとに困っている方々にも広く渡るようにすればいいのではないでしょうか。

        私達もいつまでも頼るばかりではいけないと思いますが、皆様に助けられている経験を日々忘れずにいたいと思います。

        主婦(37才)  2014年3月9日 23:12

        このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



        にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

        「生活クラブやまがた」
        http://yamagata.seikatsuclub.coop/

        「結いのきトピックス」
        http://topics.yuinoki.or.jp/

        「結いのきコラム」
        http://column.yuinoki.or.jp/

        「結いのき会員情報」
        http://member.yuinoki.or.jp/

        「まるがけ日記」
        http://ameblo.jp/marugake



        お問い合わせは次にどうぞ。
        電話0238-37-0960
        fax 0238-37-0961

        info@yuinoki.or.jp


        デイサービスセンター結いのきホームページl
        http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

        グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
        http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

        たくろう所のホームページ
        http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

        グループホーム 結いのきのホームページ
        http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

        NPO 結いのきのホームページ
        http://yuinoki.or.jp/
        JUGEMテーマ:福祉と生活
        JUGEMテーマ:地域/ローカル
            


        | 東日本大震災 | 16:31 | - | trackbacks(0) | - | - |
        避難者支援の20回記念の10円バザーと史上最高のボランティア軍団が結集
        0
          結いのきコラム 2014年03月18日(火)

          避難者支援の20回記念の10円バザー

          結いのきグループを支える会+生活クラブやまがた+ボランティア山形

          史上最高のボランティア軍団が結集

          2014年3月9日日曜日。
          20回目を迎える10円バザーが開催されました。
          今年3月の米沢は記録的な大雪と吹雪で、当日の開催が危ぶまれました。
          前日の支援品の搬入の際も吹雪でみるみるうちに会場となる米沢市窪田町窪田の羽黒電子工場が雪一色になっています。

          そして迎えた当日、見事に晴れました。空に感謝しました。
          今回は、3年目となる「東日本大震災復興祈念事業(米沢会場)」の関連事業としての位置づけもあり、多くの企画と多くのボランティアに恵まれました。



          運営お手伝いのボランティアは、米沢中央高等学校の野球部、サッカー部総勢40名の高校生の皆さんに加えて、スマイルハウスの皆さん、おきたまラジオNPOセンターの皆さん、支援センターおいでの皆さん、米沢市役所の皆さん、山形大学工学部の皆さん、福島大学災害ボランティアセンターの皆さん、米沢女子短期大学の皆さん、横浜市から公文国際学園高等部の皆さん、結いのきグループを支える会の皆さん、生活クラブやまがた生活協同組合のスタッフの皆さん、ワーカーズmanmaの皆さん、福島からの避難者の皆さん、ボランティア山形の皆さん、置賜地区の有志の皆さんら100名以上のお手伝いをいただきました。



          また、さまざまな企画として、毎回出店して頂いているフードバンク山形(食品提供)さんや島崎農園さん(みそ餅試食販売)、花角味噌さん(甘酒ふるまい)、白鷹農産加工研究会さん(だんごカフェしらたか団子)、米沢在住の大学生有志の皆さん(手づくりろうそくづくり体験コーナー)など盛りだくさんの企画、出店がありました。



          また、支援品もネットワーク地球村さん(お米2キロ 500袋)、復興市場さん (紙おむつ、粉ミルク、洗剤、トイレットペーパー、ティッシュペーパー)、メロメプロジェクトさん(おしりふき かりんとうセット)、米沢中央高校さん(オセロゲーム9セット)、らでぃっしゅぼーや蠅気鵝併┣濾並真堯Εークション品)井上あつこさん(雑貨)、共生地域創造財団さん(雑貨多数)、ファーストフーズさん(鶏生姜ごはん(冷凍))、小島洋酒店さん(ビール)、株式会社味輝さん(パン)、米沢郷牧場さん(お餅)、島根県の島崎芳典さん(ティッシュペーパー)らの多数の支援品を頂きました。
          この場をお借りして御礼申し上げます。



          当日は、400名近くの避難者の皆さんが参加され、久しぶりに晴れた空の下で楽しいひとときを過ごされたと思います。
          これからも必要とされる10円バザーです。
          今後とも皆さんのご支援をお願いいたします。

          (文:丸山弘志)

          このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



          にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

          「生活クラブやまがた」
          http://yamagata.seikatsuclub.coop/

          「結いのきトピックス」
          http://topics.yuinoki.or.jp/

          「結いのきコラム」
          http://column.yuinoki.or.jp/

          「結いのき会員情報」
          http://member.yuinoki.or.jp/

          「まるがけ日記」
          http://ameblo.jp/marugake



          お問い合わせは次にどうぞ。
          電話0238-37-0960
          fax 0238-37-0961

          info@yuinoki.or.jp


          デイサービスセンター結いのきホームページl
          http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

          グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
          http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

          たくろう所のホームページ
          http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

          グループホーム 結いのきのホームページ
          http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

          NPO 結いのきのホームページ
          http://yuinoki.or.jp/
          JUGEMテーマ:福祉と生活
          JUGEMテーマ:地域/ローカル
              


          | 東日本大震災 | 18:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
          あの日から3年。まだ3年。もう3年。
          0
            結いのきコラム 2014年2月28日(金)

            元気、希望、風化させるな!
            第3回3.11復興祈念事業のお知らせ


            ボランティア山形+生活クラブやまがた

            今年も3月11日がやってきます。
            東日本大震災大震災から丸3年。
            まだまだ復興には遠い道のりです。
            私たちは第3回東日本大震災復興祈念事業・米沢会場で追悼式や復興のつどい、関連事業を行います。
            多くの参加者を募集いたします。


            1 復興のつどい・追悼式
            〇日時 平成26年3月11日(火)10時〜18時
            〇場所 伝国の杜 置賜文化ホール
            〇内容
            ・第1部 「まーちゃんバンドコンサート」
            ・第2部 追悼式(政府主催「東日本大震災三周年追悼式」と連携)
            ・第3部 大抽選会
            〇申込み 事前に置賜総合支庁総務課防災安全室(0238-26-6007)まで

            2 シンポジウム「あの日(3.11)〜すべての思いを若い世代へ〜」
            〇日時 平成26年3月8日(土)13時(開場)〜16時30分
            〇場所 九里学園教育研究所教育センターホール
            〇内容
            ・報告「震災から今日まで」
            ・パネルディスカッション
            〇申込み 不要

            問合せ先:山形県置賜総合支庁総務課防災安全室(0238-26-6007)

            その他、下記関連行事も開催されます。

            (1) 「ゲーデ・デュオ国際ボランティアコンサート」
            〇日時 平成26年3月6日(木)18時〜19時
            〇場所 九里学園教育研究所教育センターホール
            〇主催 NPOフレンドシップコンサート

            (2)第20回記念「10円バザー」(避難者対象)
            〇日時 平成26年3月9日(日)10時〜12時
            〇場所 米沢市窪田町窪田(10円バザー特設会場)
            〇主催 生活クラブやまがた生活協同組合、結いのきグループを支える会





            このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



            にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

            「生活クラブやまがた」
            http://yamagata.seikatsuclub.coop/

            「結いのきトピックス」
            http://topics.yuinoki.or.jp/

            「結いのきコラム」
            http://column.yuinoki.or.jp/

            「結いのき会員情報」
            http://member.yuinoki.or.jp/

            「まるがけ日記」
            http://ameblo.jp/marugake



            お問い合わせは次にどうぞ。
            電話0238-37-0960
            fax 0238-37-0961

            info@yuinoki.or.jp


            デイサービスセンター結いのきホームページl
            http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

            グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
            http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

            たくろう所のホームページ
            http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

            グループホーム 結いのきのホームページ
            http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

            NPO 結いのきのホームページ
            http://yuinoki.or.jp/
            JUGEMテーマ:福祉と生活
            JUGEMテーマ:地域/ローカル
                


            | 東日本大震災 | 13:54 | - | trackbacks(0) | - | - |
            東日本大震災復興祈念事業(米沢会場)企画の柱が決まりました
            0
              結いのきコラム 2014年1月27日(月)

              東日本大震災復興祈念事業(米沢会場)企画の柱が決まりました

              ボランティア山形


              今年で3回目となります。東日本大震災復興祈念事業(米沢会場)



              今年で3年目となる3月11日。
              「光陰矢の如し」と言いますが、あっと言う間の3年だったような気がしますが、山形県に県外避難をしている福島県の人達にとっては長い3年だったのかもしれません。先が見えないということはそれだけ、ストレスもかかると思われます。
              さて、今年もボランティア山形の井上肇代表が実行委員長となり、置賜地域の行政、NPO、各種団体、企業など43団体が運営委員となって、3月11日(火)伝国の杜にて追悼式、復興祈念コンサート、大抽選会を盛り上げていく予定です。

              今年も昨年に続き、3月11日が平日なので、学生や働いている人達はなかなか参加が難しいので、今後の開催のモデルになるような企画を考えました。
              それは、3月11日の直近の休日も含めた「復興祈念事業ウイーク」を設定し、関連イベントを開催し、広く市民の参加と震災を風化させないことに力点をおきました。

              イベントは下記のとおりです。

              (1)3月6日(木)
              「復興支援コンサート」(ドイツ人の夫婦でピアノとバイオリンの演奏)
              九里学園ホールにて
              主催:九里学園

              (2)3月8日(土)
              「被災者リレートーク」(仮称)
              場所:九里学園ホール 時間:午後1時くらいから 定員:300名
              高校生、大学生を中心に小学生、中学生も含めた若い世代に震災のことを風化させないためにも、避難者の生の声を聞いてもらうことが目的。
              主催:実行委員会 後援・協力:九里学園教育研究所ほか

              (3)3月9日(日)
              東日本大震災被災者支援企画「第20回10円バザー」
              場所:米沢市窪田町窪田 特設会場 時間:10:00〜
              対象者:東日本大震災被災者
              主催:生活クラブやまがた生活協同組合 結いのきグループを支える会
              協力:ボランティア山形

              (4)3月11日(火)
              祈念式典
              場所:伝国の杜 大ホール
              時間:10:00(?)〜夕方(?)
              主催:実行員会

              1部:追悼式
              2部:コンサート
              3部:大抽選会

              コンサートは、沖縄県西表島出身で、実家の民宿に福島県の子どもたちを迎えるツアーを行っている三線アーティスト「南(ぱい)ぬ風人(かじぴとう)まーちゃんうーぽー」さんをお迎えして、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごします。
              どうか皆さん、今から予定を空けておいてくださいね。
              (文:ボランティア山形 丸山弘志)


              にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

              「生活クラブやまがた」
              http://yamagata.seikatsuclub.coop/

              「結いのきトピックス」
              http://topics.yuinoki.or.jp/

              「結いのきコラム」
              http://column.yuinoki.or.jp/

              「まるがけ日記」
              http://ameblo.jp/marugake


              お問い合わせは次にどうぞ。
              電話0238-37-0960
              fax 0238-37-0961

              info@yuinoki.or.jp


              デイサービスセンター結いのきホームページl
              http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

              グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
              http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

              たくろう所のホームページ
              http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

              グループホーム 結いのきのホームページ
              http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

              NPO 結いのきのホームページ
              http://yuinoki.or.jp/
              JUGEMテーマ:福祉と生活
              JUGEMテーマ:社会貢献


              | 東日本大震災 | 13:52 | - | trackbacks(0) | - | - |
              もし、あなたの住んでいた所が生物の住めない場所になってしまったらどうなるのか
              0
                結いのきコラム 2014年1月14日(火)

                一人一人が決断に迫られる、これからの日本。
                〜 福島県南相馬市を訪れて 〜


                ボランティア山形


                想像してみてください。
                もし、あなたの住んでいた所が生物の住めない場所になってしまったらどうなるのか…。


                福島第一原発事故で避難を余儀なくされた人達が、今だ8万人以上も存在しています。
                2014年1月10日〜11日、私は久しぶりに福島県南相馬市を訪れました。
                南相馬市の小高区ではほとんどの地区が「帰宅困難区域」に指定され、住人は日中に限っての出入りが認められるようになったものの、自分の家に住む事はできず(一部許可を得て住んでいる人もいるらしいのですが)、道路には猿の群れが自分たちの居場所はここだと言わんばかりの態度でした。



                また、再開までに何年もかかるのではないかと言われた、原町の東北電力の火力発電所も煙突からもくもくと煙をはきながら稼働をしていました。



                昨年末も福島第一原発で何らかの爆発があったと地元では噂されていましたが(爆発の煙をみたという人もいたらしいです)、大手マスコミでは報道されていませんでした。
                再度、事故があった時に住民はどこに避難すべきなのかも、行政からの明確な答えはないそうです。そんな状況の中で、東日本大震災からの復興なんてあり得ないと思います。ある人がいいました、福島は「何も終わっていない、何も始まっていない」と。

                今ちょうど、南相馬市の市長選挙が行われています。



                行政の長は、誤解を恐れずに言わせていただきますと平時では誰がやっても大差ないですが、今回のような災害時や非常時に市民の命を左右する存在です。
                選挙で政治家を選ぶということは、「この人に自分の命を託せるかどうか」ということなのです。このことが、今後の政治家を選ぶ基準になっていくのではないでしょうか?

                安易に政治家を選んでしまうと結局困るのは、自分自身なのです。
                改めてそんなことを感じた久しぶりの南相馬市への訪問でした。


                (相馬小高神社では1月1日、3年ぶりに地元に伝わる神楽が奉納されたとのことでした)

                最後にある南相馬市の人は言いました。
                「これまでは、人の言いなりで生きてきて自分では何一つ決断することをしませんでした。しかし、あの震災以降、全てのことについて自己責任で決断を迫られました。そのことがつらくストレスになるのです」

                まさにこれからの日本はいつどこで、災害が起きても不思議ではありません。
                その時に決断するのは自分たち一人一人なのです。

                (写真・文:ボランティア山形 丸山弘志)


                このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



                にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                「生活クラブやまがた」
                http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                「結いのきトピックス」
                http://topics.yuinoki.or.jp/

                「結いのきコラム」
                http://column.yuinoki.or.jp/

                「結いのき会員情報」
                http://member.yuinoki.or.jp/

                「まるがけ日記」
                http://ameblo.jp/marugake



                お問い合わせは次にどうぞ。
                電話0238-37-0960
                fax 0238-37-0961

                info@yuinoki.or.jp


                デイサービスセンター結いのきホームページl
                http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

                グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
                http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

                たくろう所のホームページ
                http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

                グループホーム 結いのきのホームページ
                http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

                NPO 結いのきのホームページ
                http://yuinoki.or.jp/
                JUGEMテーマ:福祉と生活
                JUGEMテーマ:地域/ローカル
                    


                | 東日本大震災 | 10:23 | - | trackbacks(0) | - | - |
                災害ボランティアの後ろ盾シビックフォース
                0
                  結いのきコラム 2013/11/04

                  パートナーシップ終了時モニタリング シビックフォース

                  生活クラブやまがた+ボランティア山形


                  東日本大震災直後から生活クラブやまがたの災害支援活動に注目し、パートナーシップを締結していた公益社団法人CIVIC FORCE (シビック・フォース 緊急即応チーム)のパートナーシップ終了時モニタリングが10月23日に米沢市避難者支援センターおいでと生活クラブやまがたの支援活動の拠点となっているグループホーム結いのきを会場に行われました。

                  この日はシビックフォースからは担当職員の中川ふみさんと、外部評価者はNPO森は海の恋人、副理事長の畠山信さんでした。
                  畠山さんの団体はとても有名な団体だけに多くの支援団体の活動もご存じなので、私どものような中間支援組織のあり方にも一定の知識と理解があると感じました。


                  モニタリング内容
                  ・井上、丸山、綾部へのヒアリング(事業全体について)1時間30分程
                  ・支援センターおいで 上野さんへのヒアリング(パパ会や避難者の現状について)30分程
                  ・水曜日に実施の場合はお茶会の視察、30分程 → この日は会場に使っている会館が使えないためにモニタリングは中止をし、おいでと私どものヒアリングの中でふれました。
                  ・10円バザーに関するヒアリングを松本に15分ほどを予定していましたが、時間がなくなってきたので主な内容は、前回までの視察の中で調査を行った内容でヒアリングとしました。



                  畠山さんからは「あの非常時に避難者受入れを体験団体(島原ボランティア協議会、被災地NGOら)のノウハウを生かして行政と一緒に行ったことを評価したい」と述べられ、「私たちと同じ匂いがしますね」と笑顔で評価していただきました。

                  この三年間の活動を支えあった中川さんからは「気仙沼とはまた違った大変さがあり、特に避難者の困ったことを問題解決をするために行政への提言を繰り返し行っている実績は例にない」と述べました。

                  「行政や社協の役割と生活クラブやまがたのような問題解決のための中間支援組織では実行力の違いは大きいのではないか」と畠山さんが問題提起を私たちにされる場面もありました。
                  確かに行政や社協の性格からして、緊急時の対応についてはもっと別の部隊で行う方がよいのかもしれないと思いました。

                  現在、細々とではあるが「災害ボランティアリーダー育成講座」についても井上、綾部から報告があった。
                  特に山形大学で行った災害地での同講座が、学生にとってはたいへん印象に残る講座であったことなどが報告された。

                  この最終時モニタリングをもって、シビックフォースとの東日本大震災災害時パートナーシップはいったん完了になります。
                  この三年間に1500万円近い金額をお寄せいただいたシビックフォースとそこに寄付や募金してくださった企業、団体、個人の皆さんに心から御礼を申し上げます。


                  このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。


                  にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                  「生活クラブやまがた」
                  http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                  「結いのきトピックス」
                  http://topics.yuinoki.or.jp/

                  「結いのきコラム」
                  http://column.yuinoki.or.jp/

                  「まるがけ日記」
                  http://ameblo.jp/marugake



                  お問い合わせは次にどうぞ。
                  電話0238-37-0960
                  fax 0238-37-0961

                  info@yuinoki.or.jp


                  デイサービスセンター結いのきホームページl
                  http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

                  グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

                  たくろう所のホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

                  グループホーム 結いのきのホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

                  NPO 結いのきのホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/
                  JUGEMテーマ:福祉と生活
                  | 東日本大震災 | 16:38 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  カミさんの故郷岩手県大船渡
                  0
                    結いのきコラム 2013/08/27

                    2年半経っても・・・ でも海の人たちは強い!

                    生活クラブやまがた生活協同組合




                     お盆に久しぶりにかみさんの実家[岩手県大船渡市]に行ってきました。
                    経路にある陸前高田市は、がれきはなくなったものの市街地だったところは更地で草が生えている状態。
                    震災前を知っている者にとっては復興復旧がなかなか進まないことがよく分かり切ない気持ちになりました。



                     緊急避難階段で多くの子供の命が救われて朝日新聞に載った越喜来小学校は完全に取り壊され、2km程度離れた山間部に新家屋建立中。
                     プレハブの商店街営業していて、仮設ながらも少しずつ前に進んでいる感じでした。



                     かみさんの実家のある吉浜地区は津波で砂浜がなくなり、目の前に海があるのに入ることも出来ないまま。
                     高さが5m以上あった防波堤も流されてなくなったままの状態。
                    それでも自分たちができることを見つけながら元気に生活する海の人たちから元気づけられて帰ってきました。



                    文・写真:生活クラブやまがた生活協同組合

                     米沢支部 川西、小国地区担当
                      馬場 博
                      

                    このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。

                    にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                    「生活クラブやまがた」
                    http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                    「結いのきトピックス」
                    http://topics.yuinoki.or.jp/

                    「結いのきコラム」
                    http://column.yuinoki.or.jp/

                    「まるがけ日記」
                    http://ameblo.jp/marugake



                    お問い合わせは次にどうぞ。
                    電話0238-37-0960
                    fax 0238-37-0961

                    info@yuinoki.or.jp


                    デイサービスセンター結いのきホームページl
                    http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

                    グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
                    http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

                    たくろう所のホームページ
                    http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

                    グループホーム 結いのきのホームページ
                    http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

                    NPO 結いのきのホームページ
                    http://yuinoki.or.jp/
                    JUGEMテーマ:福祉と生活


                    | 東日本大震災 | 14:46 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    被災地での新しい出発(たびだち)高橋徳治商店
                    0
                      結いのきコラム 2013/08/03


                      高橋徳治商店 東松島工場落成記念見学ツアー

                      新しい出発(たびだち)に参加して



                      生活クラブやまがた+ボランティア山形



                      2013年7月27日(土)。生活クラブやまがたとボランティア山形が共催で、高橋徳治商店が宮城県東松島市に新工場落成記念のツアーを行いました。




                      東日本大震災から2年4ヶ月が過ぎました。

                      宮城県石巻市で水産加工の練り製品を製造し、生活クラブの生産者でもある高橋徳治商店の工場は壊滅的な被害を受けました。
                      しかし、多くの献身的な復旧の作業で、2011年10月1日に「火入れ式」が行われ、奇跡的な復旧仮稼働から1年8ヶ月が経ちました。
                      そして、旧工場のあった石巻市の隣町である東松島市の高台に今年7月新工場を完成させました。




                      生活クラブの組合員を中心にバスを仕立てて、新工場を見学に行き、工場の庭にハーブを植えるボランティアを行うのも目的の一つです。総勢44名の参加者でした。




                      行きのバスの中では、高橋徳治商店の被災から現在に至るまでを説明する寸劇や自己紹介などで盛り上がりました。




                      始めに石巻市にある旧工場を見学したのですが、8月中に解体するとのことでした。
                      工場解体の無料期限があるからです。
                      旧工場を見学するのは恐らく私たちが最後ではないかとのことでした。
                      いろいろな思い出が詰まった工場がなくなることを一番残念に思っているのはもちろん高橋社長でしょう。




                      新工場に移動し雨が降らないうちにハーブを植えようと最初に作業にとりかかり瞬く間に終了しました。
                      庭に復旧復興に関わった協力者の名前が書かれたパネルがありました。
                      その名前が事務所から見えるようになっていました。
                      高橋社長は「皆さんの名前を見るたびに、自分たちは皆さんの協力のおかげでこうやって仕事ができているのだ。
                      そして元気と勇気をもらっているのだ」と話してくれました。





                      社長のお話もプロジェクターで写真をみながら聞く事ができ密度の濃い時間が過ぎていきました。




                      帰りは割引価格で出来立ての練り製品をお土産として購入できて、参加者の皆さんも大満足のツアーでした。

                      スタッフの皆さんも本当にご苦労さまでした。
                      どうもありがとうございました。




                      文:ボランティア山形 丸山弘志


                      このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。

                      にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                      「生活クラブやまがた」
                      http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                      「結いのきトピックス」
                      http://topics.yuinoki.or.jp/


                      | 東日本大震災 | 13:31 | - | trackbacks(0) | - | - |