RECOMMEND
年金一人暮らし高齢者に終の棲家はあるのか (社会運動 No.431)
年金一人暮らし高齢者に終の棲家はあるのか (社会運動 No.431) (JUGEMレビュー »)
小川 泰子,荘司 輝昭,井上 肇,後藤 道夫,白井 和宏,たくき よしみつ,斎藤 真理子,室田 元美,市民セクター政策機構
RECOMMEND
市民の力で東北復興
市民の力で東北復興 (JUGEMレビュー »)
ボランティア山形,綾部 誠,井上 肇,新関 寧,丸山弘志
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

NPO結いのき コラム

NPO結いのき コラム
山形県 戸沢村水害復旧ボランティア
0


    結いのきコラム 2018年8月20日月曜日


    山形県 戸沢村水害復旧の現場状況


    グループホーム結いのき


    「戸沢村ボランティア参加して」

    グループホーム 結いのき 大橋秀行



    8月20日、戸沢村の水害復旧のボランティアに参加してきました。

    戸沢村保健センターで受付を済ませ、支援地区のサテライトである旧角川中学校に移動。そこからスコップなどを積み込み、支援先のお宅へ向かいました。

    この日は、県内外から総勢24名のボランティアが参加されていました。

    移動中、所々に道路沿いに搬出された土砂が山に積まれていました。

    また、山から平地に向かって、土砂と共に沢が氾濫し、一部土砂崩れのようになっている箇所が50メートルほどの間隔で多数見られるようなところもあるなど、災害発生時の異常な水量の多さを推し量ることが出来ました。

     支援先のお宅では、合計15名のボランティアで活動しました。

    被災状況は、自宅の脇を流れる沢が、土砂と共に自宅側に溢れたとのことでした。

    その様子から、移動中に見られたような土砂崩れのような状況が、自宅脇で起こっていたのだと想像できました。

    ボランティアで訪れたときの水量はそれほど多くなく、大人が跨ぐことが出来るほどの沢(小川)でしたが、災害発生時は相当水量も多く恐ろしかったと思います。

     報道でも、山からの沢水が溢れ被災に至ったとのことでしたが、水害というと「大きな河川が溢れる」というイメージがありましたが、近くを流れる小さな小川(沢)でも、異常な降雨量によって大きな被害をもたらすということもあるのだと実感しました。

    作業内容は、自宅脇を流れる沢に溜まった土砂を掘り出し、土のうに詰め搬出。更に、沢水が自宅の方へ溢れないように、沢の縁に土のうを積み小さな土手を築き、泥だらけになった自宅周囲を水で洗い流し、ニーズ完遂作業終了となりました。

    私がボランティアに参加した時点で、ボランティアニーズは満たされつつあるとのことで、性急に支援対応が必要なケースは少なくなっているとのことでした。

    (9月5日現在ボランティア受付は終了しております。)
     
    今回のボランティアで思ったことは、米沢市にも似た地形で、土石流が発生する可能性の高い場所としてハザードマップの対象となっている地区があり、降雨量によっては同様の災害が発生する可能性があるという事です。

    《米沢市洪水ハザードマップ「掘立川・羽黒川(上流)版」http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/secure/4968/2009kouzuimap.pdf》
     
    結いのきでも、水害の際の避難計画として、先日オープンしたグループリビング「COCO結いのき・花沢2号館」の2階部分に避難スペースを確保し、災害に備えているところですが、私自身、避難に関する情報が発令された際は、「今まで大丈夫だったから…」と思わずに、速やかに避難することがとても大切だと、今回のボランティアを通して強く感じました。

    以上

    2018年9月5日記

    お問い合わせは次にどうぞ。
    電話0238-27-1228
    fax 0238-37-0961

    info@yuinoki.or.jp


    このブログをお読みになった方は↓アクセスして
    ください。


    にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

    にほんブログ村 高齢者福祉・介護


    「結いのきトピックス」
    http://topics.yuinoki.or.jp/

    「結いのきコラム」
    http://column.yuinoki.or.jp/

    「結いのき会員情報」
    http://member.yuinoki.or.jp/

    「生活クラブやまがた」
    http://yamagata.seikatsuclub.coop/


    お問い合わせは次にどうぞ。
    電話0238-37-0960
    fax 0238-37-0961

    info@yuinoki.or.jp


    デイサービスセンター結いのきホームページl
    http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

    グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
    http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

    たくろう所のホームページ
    http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

    グループホーム 結いのきのホームページ
    http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

    NPO 結いのきのホームページ
    http://yuinoki.or.jp/
    JUGEMテーマ:福祉と生活
    JUGEMテーマ:
    | ボランティア | 08:38 | - | trackbacks(0) | - | - |
    倉敷市真備町へボランティアに行ってきました
    0


      結いのきコラム 2018年8月16日木曜日


      「西日本豪雨災害ボランティアに参加して」


      グループホーム結いのき 大橋秀行












      8/4〜8/7までの日程で米沢市社会福祉協議会が企画した「西日本豪雨災害ボランティアバス」で岡山県倉敷市真備町に、私の上司である生活クラブやまがた生協専務理事の盒蕎阿気鵑醗貊錣縫椒薀鵐謄アに行って参りました。

      参加者は20代から60代の男性12名、女性3名の総勢15名でした。

      担当した区域は、真備町の新田という地区で、大きな被害となった小田川の堤防決壊箇所から2〜3劼里箸海蹐任后

      この地区は2階の床上まで浸水したとのことで、実際にその場所に立ち水が到達したと思われる高さを見上げると、改めて今回の災害の驚異を強く感じました。

      作業の現場では、家の中に入った泥の除去、寝具、はがれ落ちた壁材や土壁の撤去、水に浸かった家財の搬出、建具、照明器具の取り外し搬出…など、やらなければならない作業のほんの一部ですがお手伝いさせて頂きました。

      寝具などは悪臭のする泥水をたっぷりと吸い、重く、35度を超える気温もあり、20分作業、10分休憩のサイクルで、しっかり休憩、水分を取りながら行ないました。

      今回伺ったお宅では、70代や80代とご高齢の方が、このような過酷な状況の中、「80を過ぎてからこんなことになるとは夢にも思わなかった…」と、まだまだ先の見えない作業をされておられました。

      運び出すものの中には、結婚式の記念写真や、思い出の品と思われるものも沢山有りました。

      それを見る度、胸の詰まる思いを感じました。

      そんな複雑な思いを抱きながらも、全日程を終え地元に帰って参りました。

      今回、作業先の家主さんから伺ったお話の中で、最も印象に残っているのが、「ハザードマップとかなんとかって聞いたことはあるけど、若い人たちはいろんなところで話を聴いていて知っている人もいたみたいだけれど、私たちのような年寄りは地区の集まりも出なくなっているし、こんな高さまで水が来る可能性があるって言うことは知らなかったんだよ」とおっしゃっておられたことです。

      このことは地元の米沢でもあり得ることだと感じました。

      自分も米沢市でもハザードマップが作成されていると言うことを聞いたことはありましたが、自分自身が詳しく確認したことはありませんでした。

       帰宅後早速米沢市のホームページを開き、避難所、災害の可能性のある場所等確認しました。
      (米沢市ホームページ「防災」 http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/1191.html )

      皆さんも、災害がないことが一番望ましいですが、念のため地元のハザードマップ、避難場所を確認しておくことをお勧めします。
       
      この度のボランティアに参加して、ほんの少しでは有りましたが、自分が被災された方の手助けになれたらとても嬉しく思います。

      被災された方々が、少しでも早く元の生活に戻られることを願っております。

       私がボランティアに参加するにあたり、結いのき職員の皆さんに、勤務、その他の面でご協力頂きまして、本当にありがとうございました。

       また、ご企画頂いた米沢市社会福祉協議会の皆様、遠隔地での活動準備、計画は大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。








      お問い合わせは次にどうぞ。
      電話0238-27-1228
      fax 0238-37-0961

      info@yuinoki.or.jp


      このブログをお読みになった方は↓アクセスして
      ください。


      にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

      にほんブログ村 高齢者福祉・介護



      「結いのきトピックス」
      http://topics.yuinoki.or.jp/

      「結いのきコラム」
      http://column.yuinoki.or.jp/

      「結いのき会員情報」
      http://member.yuinoki.or.jp/

      「生活クラブやまがた」
      http://yamagata.seikatsuclub.coop/


      お問い合わせは次にどうぞ。
      電話0238-37-0960
      fax 0238-37-0961

      info@yuinoki.or.jp


      デイサービスセンター結いのきホームページl
      http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

      グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
      http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

      たくろう所のホームページ
      http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

      グループホーム 結いのきのホームページ
      http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

      NPO 結いのきのホームページ
      http://yuinoki.or.jp/
      JUGEMテーマ:福祉と生活
      JUGEMテーマ:
      | ボランティア | 12:11 | - | trackbacks(0) | - | - |
      南陽市豪雨災害に「風の村」からボランティア
      0
        結いのきトピックス 2014年07月26日(土)

        南陽市豪雨災害に「風の村」からボランティアに

        生活クラブやまがた+ボランティア山形


        全国からボランティアに感謝


        7月24日(木)、台風8号と梅雨前線の影響で、7月9日から10日にかけて降り続いた南陽市の豪雨被害の復旧ボランティアに、社会福祉法人「生活クラブ・風の村」(千葉県)から3人の職員が駆けつけてくれました。
        これは生活クラブやまがたとボランティア山形からの呼び掛けでの全国の仲間にボランティアを呼びかけて実現したのでした。




        (2014年7月24日 左から、成瀬嘉宣さん・吉原章公さん・軍司修宏さん 於 赤湯市民体育館)
         リーダーの軍司修宏さんは、赤湯市民体育館(ボランティアセンター)に着くや否や、早く作業にとりかかりました。
        「復旧の役に立ちたい」と言ってくれました。ボランティア活動は26日まで。

         他にも日替わりでパルシステムのパルミートから大泉さんや宮城県鎌田醤油からも社長さんはじめスタッフの皆さんがが参加してくださいました。
         もちろん生活クラブやまがたの役職員や組合員、ボランティア山形事務局も参加しています。

         生活クラブの頼もしい仲間たちです。

        このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



        にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村


        NPO 結いのきのホームページ
        http://yuinoki.or.jp/
        JUGEMテーマ:福祉と生活
        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        デイサービスセンター結いのきホームページl
        http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

        グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
        http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

        たくろう所のホームページ
        http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

        グループホーム 結いのきのホームページ
        http://yuinoki.or.jp/06group_home.html


        「生活クラブやまがた」
        http://yamagata.seikatsuclub.coop/

        「結いのきトピックス」
        http://topics.yuinoki.or.jp/

        「結いのきコラム」
        http://column.yuinoki.or.jp/

        「結いのき会員情報」
        http://member.yuinoki.or.jp/

        「まるがけ日記」
        http://ameblo.jp/marugake



        お問い合わせは次にどうぞ。
        電話0238-37-0960
        fax 0238-37-0961

        info@yuinoki.or.jp



        | ボランティア | 10:41 | - | trackbacks(0) | - | - |
        山形県南陽市豪雨災害ボランティア報告
        0
          結いのきコラム 2014年07年18日(金)

          山形県南陽市豪雨災害ボランティア報告

          生活クラブやまがた+ボランティア山形


          7月12日(土)の活動報告



          普段の日のボランティアが必要です。

          私たちは明日も出かけます。


          ボランティアのお問い合わせは次にどうぞ。
          電話090-3122-5530
          fax 0238-37-0961

          info@yuinoki.or.jp


          このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



          にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

          「生活クラブやまがた」
          http://yamagata.seikatsuclub.coop/

          「結いのきトピックス」
          http://topics.yuinoki.or.jp/

          「結いのきコラム」
          http://column.yuinoki.or.jp/

          「結いのき会員情報」
          http://member.yuinoki.or.jp/

          「まるがけ日記」
          http://ameblo.jp/marugake



          お問い合わせは次にどうぞ。
          電話0238-37-0960
          fax 0238-37-0961

          info@yuinoki.or.jp


          デイサービスセンター結いのきホームページl
          http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

          グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
          http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

          たくろう所のホームページ
          http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

          グループホーム 結いのきのホームページ
          http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

          NPO 結いのきのホームページ
          http://yuinoki.or.jp/
          JUGEMテーマ:福祉と生活
          JUGEMテーマ:地域/ローカル
              


          | ボランティア | 21:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
          豪雨災害復興ボランティア募集 頑健な男性よ! 南陽に集まれ!
          0
            結いのきコラム 2014年07月15日(火)

            山形県南陽市など
            豪雨災害復興ボランティア募集


            生活クラブやまがた+ボランティア山形

            頑健な男性よ!
             
            南陽に集まれ!



            先般の台風8号と梅雨前線の活発化による豪雨による山形県の被害は相当深刻になってきております。
            そこで南陽市、長井市、白鷹町と中心に生活クラブやまがたとボランティア山形でもボランティアの協力体制に入りたく、県外のボランティアを至急登録をお願いしたいのです。

            特に土日を除く日のボランティアが極端に少ないためです。(現在120名前後)

            現況は山形新聞の報道では次のようになっております。

            南陽市では建物の浸水・倒壊被害は14日午後5時現在、707棟。
            浸水被害は住宅が床上185棟。
            床下410棟。
            小屋店舗111棟。
            倒壊は吉野地区家屋1棟全壊です。

            ボランティアの条件ですが、とにかく頑健な男性が必要です。
            出れば長靴、スコップ、軍手、手ぬぐいをご持参でお願いをしたいものです。
            温泉が近くにあるのでお風呂にはご不便を掛けません。

            全国ネットで募集を掛けていただければ幸いです。

            窓口は私たちで結構です。
            具体的には生活クラブやまがた専務理事の高橋尚が行い、地元ボランティアセンターとの調整を行います。


            この件のお問い合わせは次のお願いします。
            info@yuinoki.or.jp


            なお、生活クラブやまがたでは12日には組合員宅を中心に一部泥出しのボランティアを行って来ました。



            このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



            にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村


            NPO 結いのきのホームページ
            http://yuinoki.or.jp/
            JUGEMテーマ:福祉と生活
            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            デイサービスセンター結いのきホームページl
            http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

            グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
            http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

            たくろう所のホームページ
            http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

            グループホーム 結いのきのホームページ
            http://yuinoki.or.jp/06group_home.html


            「生活クラブやまがた」
            http://yamagata.seikatsuclub.coop/

            「結いのきトピックス」
            http://topics.yuinoki.or.jp/

            「結いのきコラム」
            http://column.yuinoki.or.jp/

            「結いのき会員情報」
            http://member.yuinoki.or.jp/

            「まるがけ日記」
            http://ameblo.jp/marugake



            お問い合わせは次にどうぞ。
            電話0238-37-0960
            fax 0238-37-0961

            info@yuinoki.or.jp
             
            | ボランティア | 17:20 | - | trackbacks(0) | - | - |
            避難者の方に限定の「10円バザー」
            0
              結いのきコラム 2014年06月28日 土曜日
              ]

              第21回 10円バザー やります。

              結いのきグループを支える会+生活クラブやまがた+ボランティア山形+フードバンク山形



              久々に10円バザーです!

              2014年7月6日(日)10:00から12:00まで
              場所はいつもの米沢市窪田町窪田の10円バザー特設会場にて行います。
              (旧 羽黒電子工場)米沢市窪田町窪田25344 (ハイメカ株式会社の前の倉庫)strong>

              今回も復興市場さんからのご支援で、生活雑貨(トイレットペーパー、ティッシュペーパー)や紙おむつ、粉ミルクなどをご用意しています。
              また、お米も数に限りはありますが、時計メーカーのフォッシルさんからのご提供でご用意しています。

              夏の風物詩である「かき氷」、山形県企業局からご提供の「山形の水」もあります。
              そして、今回の大きな目玉は、生活クラブやまがたの生産者が丹精込めて作った夏の野菜です。
              どんなものが当日会場に並ぶのかは、来てのお楽しみです。
              フードバンク山形さんもいつもとおり参加してくださいます。

              熱中症にくれぐれもお気をつけて、楽しいお買い物をしてくださいね。
              それでは、当日お会いできますこと楽しみにしています。

              <ご注意>
              ◯会場内ではスタッフの指示に従い、マナーを守ってください。
              ◯会場には、トイレ、水、電気は使えませんので、ご了承ください。
              ○避難者の方に限定させていただきます。


              楽しいお買物をしてくださいね。
              当日お会いできますこと楽しみしています。

              (ボランティア山形 丸山弘志)

              会場はココです
                 ↓



              このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



              にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

              「生活クラブやまがた」
              http://yamagata.seikatsuclub.coop/

              「結いのきトピックス」
              http://topics.yuinoki.or.jp/

              「結いのきコラム」
              http://column.yuinoki.or.jp/

              「結いのき会員情報」
              http://member.yuinoki.or.jp/

              「まるがけ日記」
              http://ameblo.jp/marugake



              お問い合わせは次にどうぞ。
              電話0238-37-0960
              fax 0238-37-0961

              info@yuinoki.or.jp



              デイサービスセンター結いのきホームページl
              http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

              グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
              http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

              たくろう所のホームページ
              http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

              グループホーム 結いのきのホームページ
              http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

              NPO 結いのきのホームページ
              http://yuinoki.or.jp/
              JUGEMテーマ:福祉と生活
              JUGEMテーマ:地域/ローカル
                  


              | ボランティア | 16:32 | - | trackbacks(0) | - | - |
              避難者が最後の1人になってもこのお茶会は続けてく
              0
                結いのきコラム 2014年6月4日

                避難者支援のお茶会「石田さん、澤田さんに感謝する会」開催される

                生活クラブやまがた+ボランティア山形+結いのきグループを支える会




                3年前の2011年5月25日。
                米沢市万世コミュニティセンターの和室に約30名の福島からの避難者が集うお茶会が開催されました。
                主催者は生活クラブやまがた生活協同組合の石田光子さん、澤田美恵子さんの2名でした。
                以後、コミュニティセンターの行事等で和室が使えない日を除き、ほぼ毎週水曜日の午前10時から12時までの2時間、避難者が日常の孤独を忘れ、仲間と楽しくおしゃべりできる場を提供し続け、3年が過ぎようとしていました。

                そして2014年3月12日。
                お茶会でお子さんの相手をしてくださる子育て支援活動のNPO法人スマイルハウス代表の草苅美紀さんたちが、お二人に感謝の意を込めて感謝状と記念品を贈呈しました。

                石田さん、澤田さんお二人は、「避難者が最後の1人になってもこのお茶会は続けてく」という意気込みでこのお茶会をやられており、その輪が広がっているのです。

                避難者の皆さんやお茶会を支えてくれている、チーム置賜(曹洞宗のボランティア)の皆さんやおきたまラジオNPOセンターの皆さん、JR東労組米沢地区OB会の皆さん、社会福祉協議会の生活相談員の皆さんなど多くの人達が「協働」してこのお茶会を支えているのです。

                「継続は力なり」。本当に石田さん、澤田さんお二人をはじめ、皆様の活動に頭が下がります。

                石田さん、澤田さん本当にありがとうございます。
                そしてこらからもよろしくお願いします。


                このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



                にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村


                NPO 結いのきのホームページ
                http://yuinoki.or.jp/
                JUGEMテーマ:福祉と生活
                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                デイサービスセンター結いのきホームページl
                http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

                グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
                http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

                たくろう所のホームページ
                http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

                グループホーム 結いのきのホームページ
                http://yuinoki.or.jp/06group_home.html


                「生活クラブやまがた」
                http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                「結いのきトピックス」
                http://topics.yuinoki.or.jp/

                「結いのきコラム」
                http://column.yuinoki.or.jp/

                「結いのき会員情報」
                http://member.yuinoki.or.jp/

                「まるがけ日記」
                http://ameblo.jp/marugake


                お問い合わせは次にどうぞ。
                電話0238-37-0960
                fax 0238-37-0961

                info@yuinoki.or.jp



                JUGEMテーマ:社会貢献


                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                | ボランティア | 21:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
                3月9日第20回記念「10円バザー」
                0
                  結いのきコラム 2014年3月2日(日)

                  第20回10円バザーは3月9日開催です

                  結いのきグループを支える会+生活クラブやまがた+ボランティア山形




                  第20回 10円バザーのご案内

                  日時:2014年3月9日(日)
                  午前10時〜12時
                  会場:10円バザー特設会場(旧羽黒電子工場)
                  米沢市窪田町窪田25344(ハイメカ株式会社の前の倉庫)
                  (下記地図をご参照ください)

                  東日本大震災から3年。
                  被災者の皆さんにとっても、様々なことがあった3年だと思います。
                  3年間で20回のバザーを開催できたのも、全国の支援をしてくださる有志のおかげです。


                  20回の10円バザーは、東日本大震災復興祈念事業(米沢会場)の関連事業として開催する記念すべきバザーです。

                  生活クラブやまがたの生産者でもあります、白鷹の「だんごカフェ」が
                  皆さんに美味しいだんごを食べていただこうと、お店を出します。
                  ご期待くださいね。

                  お米はネットワーク地球村さんからのご支援により、2キロ500袋ご用意させていただきます。
                  おきたま地域で作られたコシヒカリです。

                  いつもように復興市場さんからは紙おむつ、粉ミルク、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗剤、おしりふきなどのご提供をいただきます。

                  米沢を拠点としたバンド「メロメロパンチ」のメロメプロジェクトからもご支援をいただき、生活必需品のご支援をいただきます。

                  PM2.5や花粉症対策としてマスクも多数ご用意しています。

                  らでぃっしゅぼーやさんからも当日までのお楽しみのオークション品などをご支援いただきます。

                  PCジャンク市もやります。すべてのお品はノークレーム、ノーリターンでお願いいたします。

                  お子様向けの企画として、米沢市内の大学生の皆さんがロウソクづくりをやってくれます。

                  米沢中央高校の野球部、サッカー部のメンバーが40人ボランティアでお手伝いをしてくれます。
                  会場から駐車場までお荷物を運ぶ手伝いをいたしますので、ぜひ、彼らにお手伝いをさせてあげてください。
                  よろしくお願いいたします。

                  春物衣料もご用意しています。


                  また、追加でいろいろな企画や
                  支援品が入荷しましたら、このコラムでお知らせいたします。

                  尚、お車はハイメカ蠅気鵑涼鷦崗譴鬚借りしていますので、そちらに駐車ください。

                  それでは、当日お会いできますこと楽しみにしています。
                  ありがとうございます。


                  <ご注意>
                  ◯会場内ではスタッフの指示に従い、マナーを守ってください。
                  ◯会場には、トイレ、水、電気は使えませんので、ご了承ください。

                  楽しいお買物をしてくださいね。
                  当日お会いできますこと楽しみしています。

                  (ボランティア山形 丸山弘志)

                  会場はココです
                     ↓



                  このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。



                  にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                  「生活クラブやまがた」
                  http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                  「結いのきトピックス」
                  http://topics.yuinoki.or.jp/

                  「結いのきコラム」
                  http://column.yuinoki.or.jp/

                  「結いのき会員情報」
                  http://member.yuinoki.or.jp/

                  「まるがけ日記」
                  http://ameblo.jp/marugake



                  お問い合わせは次にどうぞ。
                  電話0238-37-0960
                  fax 0238-37-0961

                  info@yuinoki.or.jp


                  デイサービスセンター結いのきホームページl
                  http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

                  グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

                  たくろう所のホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

                  グループホーム 結いのきのホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

                  NPO 結いのきのホームページ
                  http://yuinoki.or.jp/
                  JUGEMテーマ:福祉と生活
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル
                      


                  | ボランティア | 14:28 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  災害ボランティアのマネジメントと中間支援の好事例が詰まった本!
                  0
                    結いのきコラム 2014年02年21日(金)

                    市民の力で東北復興

                    ボランティア山形

                    災害ボランティアのマネジメントと中間支援の好事例が詰まった本! 2012/3/24

                    By キャプテン・グランパ



                     本書は、米沢を拠点とするボランティア山形の中心的存在である井上肇さん、丸山弘志さん、そして綾部誠さん、新関寧さんの4人が、東日本大震災後の1年間の活動記録としてまとめられたものだ。震災や津波による被害だけではなく、原発事故による放射能汚染から逃れるため、米沢には福島から多くの避難者がやって来ている。こうした方々への生活支援をはじめ、東北の被災地・避難所への支援物資の提供と輸送、東北で活動する様々なボランティア団体への中間支援、そして行政への政策提言が、この1年間のボランティア山形の活動の柱だった。

                     ボランティア山形が結成されたのは1995年1月の阪神淡路大震災の時で、それは当時井上さんが常務理事を務めていた米沢生活協同組合(現・生活クラブやまがた生活協同組合)を軸に組織された。井上さんたちは被災地となった神戸への支援に尽力され、そこで被災地でのボランティア・マネジメントの様々なノウハウも身につけられた。当時神戸では、政治、NGO、ビジネスと多方面で活躍されていた丸山弘志さんが自ら被災しながらも、被災者支援と町の復興のために奔走していた。お二人の出会いはそこにさかのぼる。

                     東日本大震災の発生直後に井上さんが丸山さんを米沢に招聘したのは、丸山さんの神戸での経験を活かしてもらうためだったというが、その考えは見事に当たった。避難所や被災地でのボランティア・マネジメント、行政への政策提言という面において、丸山さんが果たした功績は非常に大きい。井上さんと丸山さんは懐の深いリーダーシップを持つ方々で、その周りには綾部誠さんや新関寧さんをはじめ、様々なジャンルの専門家が集い、そうした人々が協力しながら事に当たる体制が作られた。ボランティア山形のあり方は今後の災害ボランティア・マネジメントやボランティア団体への中間支援について考える際に非常に参考になるものであり、そのためにも本書は多くの人に読まれるべきだろう。

                     しかし、ボランティア山形の活動を根っこで支えているのは、生活クラブやまがた生活協同組合の職員と組合員の方々の協力だということも見落としてはならない。ボランティア山形が活動拠点とする「グループホーム結いのき」の職員の方々は忙しい介護の仕事の合間を縫って、ボランティア・メンバーのために朝・昼・夜の食事を用意したり、寝泊まりする場所を提供してきた。食事の提供については、多くの組合員も協力してくださっているという。人が社会で安心して暮らしていくためには、公助、共助、互助の全てが必要だというが、米沢では元々それらがバランスよくしっかりと根付いていたからこそ、今回のボランティア山形の活動がうまく進んだのではないかと思う。そのことは本書でも触れられており、それを読むと普段からの地域づくり、コミュニティ作りの大切さにも思い至らされる。

                    「市民の力で東北復興」のご注文は……
                    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/477520078X/jugem-22/ref=nosim/



                    このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。

                    にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                    「生活クラブやまがた」
                    http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                    「結いのきトピックス」
                    http://topics.yuinoki.or.jp/

                    「結いのきコラム」
                    http://column.yuinoki.or.jp/

                    「結いのき会員情報」
                    http://member.yuinoki.or.jp/

                    「まるがけ日記」
                    http://ameblo.jp/marugake



                    お問い合わせは次にどうぞ。
                    電話0238-37-0960
                    fax 0238-37-0961

                    info@yuinoki.or.jp


                    デイサービスセンター結いのきホームページl



                    | ボランティア | 17:37 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    避難者の皆さん向けに10円バザーの支援品、支援にご協力を!
                    0
                      結いのきコラム 2013年12月19日(木)

                      第20回10円バザーの支援品、支援にご協力を!

                      結いのきを支える会+生活クラブやまがた+ボランティア山形


                      第20回10円バザーの支援品、支援金をお願いしています。

                      ご存知の方も多いと思いますが、ここ山形県には今だ、東日本大震災の被災者が約7,000人弱暮らしているといわれています。
                      山形県米沢市を拠点とし、被災者支援を行っている小さな取組みがあります。

                      以下の文章は、山形新聞 2013年02月16日掲載の記事です。
                      まずお読みいただけましたら幸いです。

                      ☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                      被災者対象「10円バザー」、17日に14回目開催
                      運営側「必要な限り連携、供給」

                      東日本大震災で被災し、県内へ身を寄せている人たちの支援を目的とした「10円バザー」が、米沢市で1年半以上にわたり継続して開催されている。
                      17日で14回目を迎え、運営者は「必要としている人たちがいる限り、続けていきたい」としている。

                      バザーを主催するのは、生活クラブやまがた生活協同組合と、米沢市内の福祉施設などでボランティア活動をしている組合員のグループ「結いのきグループを支える会」。
                      2011年6月に第1回を同市の万世コミュニティセンターで開催し、1、2カ月に1回のペースで続けている。
                      同年10月からは会場を市内の建設会社が所有する同市窪田町窪田の空き倉庫に変更。
                      提供される食料品や紙おむつ、粉ミルクといったベビー用品、衣類などは、全国各地の支援団体や生協のネットワークから寄せられている。

                      販売価格は全て一つ10円。
                      県内へ身を寄せる世帯は母親と子どもだけというケースが多い。
                      二重生活のため経済的に余裕のない中、生活用品を可能な限り安く入手してもらうことが第一の狙いだ。ストレス発散の機会にしてほしいとの思いもある。
                      「買い物をしている時は嫌なことを忘れられる」との声が女性を中心に数多く聞かれたという。

                      「バザーには毎回600人くらいの人が来る。その姿を見ていると、まだまだ支援は必要なのだと実感する」と支える会の猪口愛子代表。
                      震災発生から間もなく2年を迎えるが、今でも家族離れ離れで暮らす人たちは大勢いる。一方で、バザーで提供する物資が当初に比べ、集まりにくくなっているのが現状だ。

                      物資収集などの面で運営を支えるボランティア山形(米沢市)の丸山弘志副代表は「全国的な傾向として震災がどんどん過去のものになっている」と指摘した上で、東北の人たちの中には記憶が今も色濃く残っているとし「この地にいる人間だからこそ続けるべき支援がある」と強調。
                      市内の商工団体などと連携し、安定的な供給を模索していく考えだ。

                      バザーは17日に続き、来月24日にも開催する。
                      運営側は県内の企業や団体、個人からの支援物資提供も受け付けている。

                      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                      私たちの活動を端的に紹介していただいた記事です。
                      この活動は現在も続けており、来年3月9日日曜日に開催予定の10円バザーは、20回目となります。
                      20回目を記念して、さまざまな企画などを予定しています。

                      そこで、このホームページをご覧になっている皆さんへ被災者に対しての支援品や支援金のお願いです。

                      避難者の皆さんが必要としている主なものは、お米、食品、調味料、紙おむつ、粉ミルク、おしりふき、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなど使うとなくなる消耗品です。
                      皆様のご家庭や会社で上記のものがありましたら、下記宛にお送りいただくか、あるいは購入するための寄付金をお願いします。

                      お振込頂けます方は、お手数ですが、事前にお名前、ご住所、連絡先等をご連絡いただけましたら幸いです。

                      支援品送り先:
                      〒992−0022 山形県米沢市花沢町2695番地の4 グループホーム結いのき内
                      ボランティア山形 10円バザー 係 電話:090-2974-8702(丸山副代表)

                      ご寄付は下記銀行口座にお振込をお願いいたします。

                      荘内銀行(しょうないぎんこう)
                      米沢中央支店(よねざわちゅうおうしてん)
                      普通口座 1054414
                      特定非営利活動法人 日本復興支援機構
                      mirai21@trust.ocn.ne.jp
                      FAX : 0238-37-0961

                      どうぞよろしくお願いいたします。

                      --
                      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

                      このブログをお読みになった方は↓アクセスしてください。

                      にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へにほんブログ村

                      「生活クラブやまがた」
                      http://yamagata.seikatsuclub.coop/

                      「結いのきトピックス」
                      http://topics.yuinoki.or.jp/

                      「結いのきコラム」
                      http://column.yuinoki.or.jp/

                      「結いのき会員情報」
                      http://member.yuinoki.or.jp/

                      「まるがけ日記」
                      http://ameblo.jp/marugake



                      お問い合わせは次にどうぞ。
                      電話0238-37-0960
                      fax 0238-37-0961

                      info@yuinoki.or.jp


                      デイサービスセンター結いのきホームページl
                      http://yuinoki.or.jp/04day_01.html

                      グループリビング「COCO結いのき・花沢」のホームページ
                      http://yuinoki.or.jp/05group_01.html

                      たくろう所のホームページ
                      http://yuinoki.or.jp/07takurou.html

                      グループホーム 結いのきのホームページ
                      http://yuinoki.or.jp/06group_home.html

                      NPO 結いのきのホームページ
                      http://yuinoki.or.jp/
                      JUGEMテーマ:福祉と生活
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      | ボランティア | 12:02 | - | trackbacks(0) | - | - |